一般歯科・根管治療

当院の虫歯治療の取り組み

むし歯治療で心がけていること

むし歯治療で心がけていること

当院では、治療で必要な場合は麻酔を行い、出来るだけ痛みのない治療を心がけています。麻酔自体も出来る限り痛くならないように工夫しています。治療では削る量を出来るだけ少なくし、神経も出来るだけ取らないようにしています。

痛みが少ない治療の為の工夫

確実な麻酔をすることで、痛みの少ない治療を心がけています。
また、緊張を和らげて、リラックスした状態で治療を受けてもらえるように配慮しています。

むし歯を放置するリスクについて

出来るだけ侵襲しない小さな治療を行う為には、早めの来院をお勧めします。
むし歯を放置していると、神経を取らなければならなくなる可能性が高くなります。
早い段階であれば、神経をとらない治療を行うことが可能です。

治療後の注意点

なるべく期間をあけないように、1週間若しくは2週間以内に予約をして次回の治療を行うことをお勧めしています。予約日前に痛くなった場合は、予約日を待たずにご連絡の上来院ください。
治療後も定期的な口腔ケアをお勧めしています。定期ケアは3ヶ月から4ヶ月が一般的ですが、その人その人によって状況は変わってきます。

薬品を用いた修復療法

神経を抜かなくて良い

神経を抜くことは歯にダメージを与える為、将来的に歯の寿命が短くなりがちです。
薬を使った治療であれば、出来るだけ安全に痛みもない状態で神経を残すことが可能になります。薬を用いることで、神経を取る治療が今までの1/3以下になり、神経を取る必要は格段に少なくなりました。
神経を残した歯の方が格段に長持ちするのです。

少ない治療回数で良い

神経を取る治療の場合は、時間と手間がかかる為治療回数が多くなりますが、神経を取らない場合は、治療回数と時間がかなり少なくなります。患者様の負担も大幅に減らせます。

歯を削る量が格段に少なくなります。

神経を取らない為、削り方が小さくて済み、歯の寿命が長くなります。

根管治療とは

目に見えない治療ですが、歯の寿命を左右する非常に大切な治療になります。当院では、根管治療に関して最大の努力と時間をかけて行っています。
一度死んでしまった歯を、いかに長く使えるようにするかです。それが歯の命を延ばすことになります。

神経を取る、取らないの判断

他院では神経を取ると言う判断でも、出来るだけ当院では取らないように心がけています。
どうしても痛みが酷いときは、取る判断をする場合もあります。

神経を取った場合の治療後の注意点

神経を取ると歯に栄養がいかなくなるので、歯が脆くなります。
その為、その後のメンテナンスが歯の寿命を左右します。歯を少しでも長く持たせるには、定期的なチェックが必要になります。

口内に関する
ご相談・お悩みは
お気軽に

歯医者は敷居が高い場所ではありません
痛い・怖い思いをさせずに、気持ちよく治療を受けてもらう
ことを常に心がけております

0562-84-2558 JR武豊線「東浦駅」より徒歩2分 駐車場8台分あり 診療時間  9:00~13:00 14:30~18:30 休診:木曜、日曜、祝日(祝日のある週は木曜も診療します) ▲土曜午後は14:30~17:30迄診療します 0562-84-2558 JR武豊線「東浦駅」より徒歩2分 駐車場8台分あり 診療時間  9:00~13:00 14:30~18:30 休診:木曜、日曜、祝日(祝日のある週は木曜も診療します) ▲土曜午後は14:30~17:30迄診療します
staff staff blog